店主プロフィール

 大学卒業後、各国料理店での修行の傍ら、割烹料理店で鮮魚の扱いを学ぶなど技術の習得に走る日々を送る。微力ながらに厨房で「牛フィレ肉のメイン料理、、、付け合わせの野菜のグリルをメインを感じてしまう、、、」と、野菜を中心にメニューを据えることに惹かれていく。

 都内で初めてシェフを経験した店舗ではパン用オーブン機器メーカーさんとの共同開発を経験し、製パン技術を深める。また数件の産地直送農家さんや旧築地市場の青果部の協力で質の高い野菜を揃え、その後現店PANELLAでも看板メニューとなった「旬の野菜の盛り合わせ」は、野菜の旨味や香りをダイレクトに味わうひと皿として念願の完成に至り、自店開業を決意する。

 2008年6月、自家製パンと野菜料理がテーマのカジュアルイタリアンとしたPANELLA=パネイラ開業とる。料理、サービス、経営と縦横無尽に駆け抜ける日々を過ごす中で、東日本大震災の経験から改めて食材に対する安心安全をお客様に提供すること、またイタリア屈指の有機食材ブランドの「ジロロモーニ社」との協力関係がきっかけとなり、野菜の「味」と「生い立ち」を見極めるアプローチとして「農」へ自ら関わることを求めて2017年春に神奈川の自然豊かな相模湖・藤野エリアに移住して地元の有機農家の方々と協働と地域貢献を目指す。同年6月、PANELLA10年目の始まりと共に現在露地野菜400坪、パン用小麦200坪を自ら栽培・管理する「シェフファーム」をスタートさせ、メニューへのフィードバックを進めている。